不動産担保ローンで借入れできる金額

不動産担保ローンとは、文字通り不動産を担保として融資してもらうローンのことを言いますが、不動産さえあれば必ず希望の金額を借り入れることができるというわけではありません。

不動産担保ローンにも、やはり金融会社ごとに決められた審査があり、不動産担保ローンを利用したいなら、この審査に通らなければなりません。

審査の細かい内容についてはほとんど公開されていないようですが、通常は借入れをする本人の返済能力のほか、担保となる不動産についての審査が行われます。

不動産担保ローンの融資可能額というのは、一般的には担保となる不動産価値の、約7割ほどだと言われます。

ですから、つまり借入れを申し入れる金額が、担保となる不動産価値の7割以下であれば、希望通りに借り入れられる可能性が出てくるというわけです。

当然、借入れ額が7割を超えてしまう場合は、審査には通らないか、あるいは借入れできる額が申請したよりも低い金額に抑えられてしまうことも多いのだそうです。

不動産担保ローンは、不動産を担保とする代わりに、比較的審査基準が甘いなどとも言われていますから、その分、担保の価値には重点を置いて審査されているのでしょう。

Comments are closed.

TOP