Home > 不動産担保ローンと不動産 > 不動産担保ローンの担保とする不動産の条件

不動産担保ローンの担保とする不動産の条件

不動産担保ローンは借入れ額の大きい時に便利な、金利の低いローンです。

借入れ可能額は、不動産評価額の約7割が限度と言われます。
(参考※不動産鑑定評価額とは?

しかし注意すべきは、担保とする不動産にローンがまだ残っている場合です。

借り入れ可能額は、不動産評価額からローンを引いた額になるのだそうです。

ですから、例えばまだローンを始めたばかりの状態にある新築の不動産などを担保にすることは、非常に困難なのだそうです。

また、不動産担保ローンの特長と言えば、多くの金融機関の場合、使途に制限がないことです。

しかし実際には、特に銀行では使途に厳しい場合もあり、書類を提出して使用目的を明確化するよう求められることが多いのだと言います。

その点、融資会社では柔軟で、書類の提出すらないこと場合もあるようです。

詳しくは、銀行、融資会社の窓口などであらかじめ確認しておきましょう。

Comments are closed.

TOP